kpop9韓流

最新韓国エンタメ情報をご紹介&新曲歌詞和訳

aespa の「 Hot Mess」 歌詞和訳,曲は、自己肯定、個性の表現、そして音楽の力と感動..

aespa の「 Hot Mess」 紹介する

aespaの「Hot Mess」は、2024年7月2日にリリースされた彼らの日本デビューシングルです。このシングルには、同名の主題曲「Hot Mess」を含む3つの日本オリジナル曲が含まれています。

「Hot Mess」は、サックスのサインの音と激しいラップが印象的なダンスミュージックです。歌詞は「I live my life my way」と述べ、自己肯定のメッセージを伝えています。

また、収録された「Sun and Moon」は、美しい雰囲気と穏やかなR&Bの楽曲で、歌詞には「一緒にいれば、希望に満ちた未来を照らすことができる」という内容が含まれています。

さらに、「Zoom Zoom」は、昨年10月に東京TV系列で放送されたアニメ「BEYBLADE X」のエンディングテーマとして公開され、エクストリームスポーツをテーマとしたアニメの世界観を含んだ歌詞と、快节奏でエネルギーに満ちた楽曲の雰囲気が融合して好評を得ています。

「Hot Mess」は、Y2Kの美学と未来的な要素を組み合わせたビジュアルコンセプトで、夏の雰囲気を捉えています。SMエンターテインメントのガールグループとして、彼らはこのシングルでさらに目を引くパフォーマンスを約束しています。

aespaは、SMエンターテインメント所属の4人組のガールグループで、Karina、Giselle、Winter、NingNingのメンバーから成り立ち、2020年11月17日にデジタルシングル「Black Mamba」でデビューしました。彼らは最近、ダブルタイトルトラック「Supernova」と「Armageddon」を含むファーストフルアルバム「ARMAGEDDON」をリリースしました。

aespa の「 Hot Mess」 歌詞和訳

A hot mess, hot mess
めちゃくちゃ
A hot mess, hot mess
めちゃくちゃ


息吹きかけて Listen up
息吹きかけて いいか
とびきり“らしさ”で Fill it up
とびきり「ああああ」と埋め尽くす
I'm a troublemaker, troublemaker
私はトラブルメーカー、トラブルメーカーです
What's so funny, funny, honey
何がそんなに面白くて、面白くて、親愛なる
I got your attention
私はあなたの注意を引いた


Sing loud, loud
大声で歌う
あっという間に Time's up
あっという間に 時間だ
Open your blind mind
あなたの盲目的な頭を開けて
Everybody waits for me
誰もが私を待っている
Make the sensation
センセーションを巻き起こす


どんな形でも Okay
どんな形でも できます
ひたすら On my way
ひたすら もう出発した
Take it slowly
ゆっくり
Ain't no worry
心配しないで
Dancing with the flames
炎と踊る


I'm a hot mess, hot mess
私はめちゃくちゃで、めちゃくちゃです
描いてきた Story Never hesitate
描いてきた 物語はためらわない
I'm a hot mess, hot mess
私はめちゃくちゃで、めちゃくちゃです
So if U LIKE it, I can take you to MY WORLD
だからもしあなたが好きなら、私はあなたを私の世界に連れて行くことができます


I am the one (Hot)
私はそれです(ヒット)
I am the one (Hot)
私はそれです(ヒット)
I am the best (Hot)
私は最高です(ヒット)
止まらない もう
止まらない もう
I am the one (Hot)
私はそれです(ヒット)
I am the one (Hot)
私はそれです(ヒット)
And now my turn (Hot)
今度は私の番だ(ヒット)
Yeah, I'm a hot mess
はい、私はめちゃくちゃです。
Yeah, I'm a hot mess
はい、私はめちゃくちゃです。


画期的登場シーン
画期的登場シーン
Shake it Mix it 目を惹く My style
振って混ぜて私のスタイル
目が眩むほど光る Dimension
目が眩むほど光る 次元#ジゲン#
Feel it coming now, feel it taking over
その到来を感じ、その引き継ぎを感じる


I'll blow ur mind like all the time
私はずっとあなたをびっくりさせます
潜めた aenergy 夢のDesigner
潜めた Maenergyデザイナー
Now, oh yeah, that's right
今、ああ、はい、間違いありません
So come on
だから来て
いつも攻めてる
いつも攻めてる
Show you ma attitude
あなたに馬の態度を示す


どんな形でも Okay
どんな形でも できます
ひたすら On my way
ひたすら もう出発した
Take it slowly
ゆっくり
Ain't no worry
心配しないで
Dancing with the flames
炎と踊る


I'm a hot mess, hot mess
私はめちゃくちゃで、めちゃくちゃです
描いてきた Story Never hesitate
描いてきた 物語はためらわない
I'm a hot mess, hot mess
私はめちゃくちゃで、めちゃくちゃです
So if U LIKE it, I can take you to MY WORLD
だからもしあなたが好きなら、私はあなたを私の世界に連れて行くことができます


I never lay low, never lay low
私は控えめで控えめではありません
U watch me glow glow, watch me glow glow
あなたは私を見て光を放ち、私を見て光を放つ
Drama has begun This is not fiction
芝居は始まっているそれはフィクションではない
Ready or Not
準備ができているかどうか


Make it hot hot, make it hot hot
熱くして熱くして
Make it hot hot, make it hot hot
熱くして熱くして
Make it hot hot, make it hot hot
熱くして熱くして
Baby I'm on fire, I'm on fire
ベイビー火事だ火事だ
Fire Ah Ooh
火よ


I'm a hot mess, hot mess
私はめちゃくちゃで、めちゃくちゃです
描いてきた Story Never hesitate
描いてきた 物語はためらわない
I'm a hot mess, hot mess
私はめちゃくちゃで、めちゃくちゃです
So if U LIKE it, I can take you to MY WORLD
だからもしあなたが好きなら、私はあなたを私の世界に連れて行くことができます


I am the one (Hot)
私はそれです(ヒット)
I am the one (Hot)
私はそれです(ヒット)
I am the best (Hot)
私は最高です(ヒット)
止まらない もう (I am the one)
止まらない もう (私がそれです)
I am the one (Hot)
私はそれです(ヒット)
I am the one (Hot)
私はそれです(ヒット)
And now my turn (Hot)
今度は私の番だ(ヒット)
Yeah, I'm a hot mess
はい、私はめちゃくちゃです。


Know you want it some more
もっと欲しいと知って
時空を飛び越え Believe in yourself
時空を飛び越え 自分を信じて
Know you want it some more
もっと欲しいと知って
開かれた世界
開かれた世界
Hot mess, hot mess
めちゃくちゃ暑い

aespa の「 Hot Mess」歌詞意味

「Hot Mess」の歌詞は、自己肯定と個性の表現を通じて、聴衆に強烈な印象を与えることを目的としています。以下は、歌詞の意味を詳しく説明します。

  • A hot mess, hot mess: 「ホットメス」という表現は、熱く情熱的な混沌を意味しており、自己表現の自由や個性の強さを示唆しています。

  • 息吹きかけて Listen up とびきり“らしさ”で Fill it up: 「息を吹きかけ」は、聴衆に直接的な注意を喚起することを意味し、「Listen up」は彼らに注意を払うよう促します。「とびきり“らしさ”で Fill it up」は、彼らの個性や特徴を最大限に活かすことで、空間や状況を埋め尽くすという意図を表しています。

  • I'm a troublemaker, troublemaker: 「トラブルメーカー」という言葉は、自己を自由奔放で破壊的な存在と位置付け、周囲に影響を与える力を持っていることを示しています。

  • What's so funny, funny, honey: 「なにがおかしいの?」と尋ねる形で、聴衆に彼らの行動や言葉に対して笑うことなく真剣に向き合って欲しいと促します。

  • I got your attention: 「あなたの注意を引きつけた」という表現は、彼らの存在やメッセージが聴衆に強い印象を与えていることを示します。

  • Sing loud, loud: 「大きな声で歌え」という命令形は、自己表現を強く促し、聴衆に感動を与えることを意味しています。

  • あっという間に Time's up: 「あっという間に時間がなくなる」という表現は、時間を有効に使い、彼らの音楽を最大限に楽しむよう促します。

  • Open your blind mind: 「盲目な心を開けよう」という表現は、聴衆に新しい視点や考え方に開かれ、彼らの音楽をより深く理解するよう促します。

  • Everybody waits for me Make the sensation: 「皆が私を待っている、感動を起こそう」というフレーズは、彼らの登場が待ち遠しいものであり、彼らの音楽が聴衆を感動させる力を持っていることを示します。

  • どんな形でも Okay: 「どんな形でもOK」というフレーズは、自己表現に対する柔軟性や受け入れを示します。

  • ひたすら On my way: 「ただ進む」という表現は、彼らが自分の道を進むことを意味し、途中で止めないでいくことを示しています。

  • Take it slowly: 「ゆっくりと受け止めよう」というフレーズは、聴衆に音楽を深く味わうよう促します。

  • Ain't no worry: 「心配はない」という表現は、彼らの音楽が聴衆を安心させ、楽しませることができると示します。

  • Dancing with the flames: 「炎と共に踊る」というフレーズは、彼らの音楽が情熱的で危険な魅力を持っていることを示します。

  • I'm a hot mess, hot mess: 再び「ホットメス」と繰り返すことで、自己表現の自由や個性の強さを強調しています。

  • So if U LIKE it, I can take you to MY WORLD: 「もしそれが気に入ったなら、私の世界に連れて行ってあげる」というフレーズは、彼らの音楽が聴衆を新しい世界へ導く力を持っていることを示します。

 


www.youtube.com